読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふログ

ライブに行っては飲んだくれて記憶を飛ばしたポンコツな記録が残っているところ

信頼は割っても減らない

この話は主に、

「そろそろ部下も出来たし…」

というお客様の前に出る技術職の方に向けて書いています。

 

結論:信頼は割っても減らないので、どんどん仕事を部下に任せていきましょう。

 

 

「信頼を割る」というのは、あなた自身が信頼を受けているお客様からの仕事の一部または全てに関して、

「この仕事はコイツに任せます」

と部下を推薦・紹介することです。この瞬間、

「お客様から紹介された部下に対する信頼度≒あなたへの信頼度」

になります。もちろん、

「推薦したからには、いざという時にはあなたが出張ってくれるだろう」

という期待値込で、です。

 

この時点で、お客様からあなたへ対する信頼が減っていると思いますか?

 

はい、全く減ってません。それどころか、

「新たな担当者を引っ張ってきた!?」

てなもんで、増えていることの方が多いぐらいです。

 

この後の信頼の増減はあなた自身、そしてあなたが紹介した部下がちゃんと仕事ができているかに拠ります。ここで、

「部下が信頼を損なう仕事をすると、あなたへの信頼も損なわれる」

ということが起こりますが、それは同時に、

「部下が信頼を増す仕事をすると、あなたへの信頼も増す」

ということも起こります。更に言うと、部下が信頼を損ないかねない仕事をするかどうかは、そもそもあなたが部下に任せる仕事の範囲でリスクヘッジできます。そして部下が上手くやってくれると、あなた自身が何もしなくても、お客様はあなたをどんどん信頼していきます。

 

何このヌルゲー?

 

そして、

部下に仕事を任せている間に他のお客様からの信頼を得て、そこをまた別の部下に任せる(以下ループ)

というねずみ講スパイラルを作ればもう万全。組織の中であっても、むしろ組織の中だからこそ、どんどん自分のやりたいことができるようになりますよ。組織の中では、

「その人の業務遂行力=優秀なメンバーの数」

ですから。

 

あなたの明るい未来は「部下に仕事を任せるところから」ですよ。レッツ委任!